2011年09月19日

大迫町ワイン祭り

18日、大迫町のワイン祭りに行って来ました。
このお祭り結構大きいみたいなんですが、今まで知らなかったw
DSC01081.JPG

大きな野外ステージ(屋根付き)では、地元の方々の素敵な演芸大会や、ぶどうの早食い退会など、いろんなイベントが行われており、その隣にはバーベキューコーナー。
様々な種類のおつまみ露天が並び、ワイン販売のブースは当然試飲あり♪

坂の上にエーデルワインの工場がありますが・・・
DSC01088.JPG

坂道のとちゅうには、ぶどうのアーチ(観賞用)が。
DSC01085.JPG


観賞用って書いてんだけどさ、誰かしらつまみぐいしてるっけw
DSC01083.JPG


下僕一味は早々に、ビールとワインをさくさく買い込み、肉を焼き、チーズを食い、かなりのハイペースで酔っ払いの出来上がりw
なので、正直、酔っ払ってたから特筆すべきことが思い出せませんw
ほんとうは、ミス・ワイン娘をナンパ(独身男性が3人ばかしいたので・・・。)しようと思っていたんだけど、飲んで食ってるうちに終了時間も差し迫り、結局、会えずじまい。
ざんねんだーwww

しかし、秋とはいえ日差しがきつかった。
下僕はUV対策を全く忘れていったので、家で鏡を見たときに絶句するほどこんがり焼けておりました。
三十路越えてこれはないなぁ(T-T)

・・・ともかく。
宣伝。

岩手県は稗貫郡大迫町のエーデルワインはフルーティで飲みやすいです。
ぜひご賞味あれ。

posted by タロ・ジロのかーちゃん at 15:51| 岩手 ☁| Comment(0) | 岩手の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

一関地ビール祭り2011

先週の20日21日に 「第14回全国地ビールフェステイバルin一関」 に行ってきましたyo!

東北はもちろん、全国の地ビールの蔵元70社100種以上のこだわりビールが生で飲める素敵なお祭り!!
こんな片田舎で、旅行もせずにいろんなビールが飲めるなんて最高です。

とくに、西日本側のビールは、なかなか旅行できないのでたくさん飲めて嬉しい!

夫と私は、2人でできるだけ沢山の種類のビールを飲むべく・・・
NEC_0065.jpg


Mサイズのコップで数種類を購入。半分こして味を比べることに。
どこのビールも一つとして同じ味はないのねー。
あと、日本の黒ビールは・・・おいしいねぇ。

おつまみは地元企業中心に(たしか、被災した釜石市のお店も出店していた。)たくさんのお店が、いろんな食べ物を売っていた。
とくに、人気があったのはいつもどおり一関ミートかなぁ?やっぱ、ビールにゃソーセージだよね。
あと、農家のおかぁさんたちのおみせもなかなか。茹でたての枝豆とか、漬物とか美味しかった。

で、あれこれつまんで、いろんなビールのブースに並んで・・・気がついたらヘベレケw
2日目の終りに、大量購入した前売りチケット(Mサイズ7枚綴り×6枚)は1枚を残して全て飲みきり・・・、その最後の一枚は遠野のZUMONAビールでしめて終了。

夫と私の感想・・・「なんかみんな美味しかった。」
それでいいのか?

酔っ払い二人は、シラフの太郎に絡みまくり・・・
NEC_0070.JPG


いい気分で寝ましたとさ。どんとはれ。
posted by タロ・ジロのかーちゃん at 09:13| 岩手 ☁| Comment(0) | 岩手の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

送り盆

昨日は送り盆でした。我が家も初盆でした。

3月11日、東北は未曾有の大震災に見舞われました。
とくに、沿岸部はひどく、たくさんの命が失われました。
私は内陸に住んでいるのでずっと被害は少なく、いまは普通の生活を遅れています。
沿岸のいとこ一家は、家を流され私の実家に避難してきました。
おじさんはまだ見つかっていません。

そのとき、一緒にMダックスの子犬を連れてきました。
ペットを被災地に残さざる負えなかった人もたくさんいる中、いとこ一家は一緒に避難することを選んだようです。
でも、人が暮らしていくのもままならないので、子犬たちを実家であずかっていました。

月齢も近いので、太郎の良い遊び相手だったけど、大きさはもう追い越しちゃったw

NEC_0078.jpg


ちなみに、女子なので、太郎は全くかないません(笑)すっごく元気のいい女の子。
他の犬にはビビリらしいのに、太郎には自分から遊びにさそったり、挙句の果ては喧嘩をふっかける始末。
子犬同士だからかな?太郎もすごく興味津々。

いま、ようやく、いとこ一家は犬と暮らせるようになり、子犬たちは帰って行きました。
じつは、おじさんは、母犬を背負って避難所にいったそうです。
おばさんは子犬と、孫の車で別な避難先へ。
おじさんの避難先は、天井まで水に浸かった中学校です。
助かって、どこかで何とか、一人と1匹で生きていて連絡が来てほしい。

送り盆も終わり、岩手はこれから秋になります。
冬が来て、また春になる頃には沿岸も落ち着いてほしいなぁ。
そして、うちのいとこ一家のように、被災した方々皆様が、離れてしまったペットと一緒に暮らせるようになっててほしいです。

ちょっと真面目な話でした。
posted by タロ・ジロのかーちゃん at 09:15| 岩手 ☁| Comment(0) | 岩手の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。